↑

HOW TO

住宅広告の金額でホントに建てられるの?

早速ですが、「〇〇坪で○○万円」や「坪単価〇〇万円」など、ハウスメーカーのCMやチラシでもよく目にします。
さて、「住宅広告の金額で建てられるの? 」正解は、ホントなんだけど、お客様からみるとウソ!
これって一体どういうこと??

ほとんどの方がそう感じられると思います。
今回はこの疑問をテーマに進めていきたいと思います。

各住宅会社の土地や住宅のチラシに掲載されている価格はあくまで、「それそのものの価格だけである」ということ。

建物だけで、、〇〇万円
土地だけで、、〇〇万円
ということです。ではなぜ、お客様から見るとウソなのか?

それは、このほかに諸費用と言われるものがあるからです

 

【代表的な諸費用】

・屋外設備工事(水、電気、ガスなどライフラインが使えるように、建物から道路までをつなぐ費用)
・不動産仲介手数料
・登記代(役所に建物や土地の持ち主や面積を登記する手続き)
・住宅ローン諸費用
・外構工事
などがあります。

これらの費用が一般的になんと、土地・建物それぞれに15%程度かかるといわれています。

諸費用が掛かり増しになることを知らずに、チラシやネット上の情報だけで、金額を想定し計画を進めるのはオススメしません。
金額によっては、せっかく進めてきた計画をゼロからやり直しになるといったケースもあるからです。
場合によっては、家づくりそのものをあきらめるケースもあります。

こうした費用が掛かり増しになることをお客様が知らないことを逆手にとって、なかには、お客様がマイホーム計画を考え直さないように、建てることに必要な費用だけは先に説明し、『お庭づくりやカーテンなどの費用は建築中や建築後に説明する』という住宅会社もあります。
このような住宅会社で建築された経験者の多くが、これから建てるお友達に向けたアドバイスとして『家づくりは後から後から色々お金がかかるから、余裕をもって計画した方が良い』と言います。

実はこれ、家づくりをちゃんと最後までお手伝いしている会社や担当者が資金計画をすれば、10万円程度の誤差内で資金計画を立てることが可能なんです!

表示価格の中に工事代金などをどこまで含めるかは、住宅会社によって違います。
土地・建物それぞれに15%程度の諸費用が掛かり増しになることを意識しながら計画すれば、資金面の後悔にはつながりません。
計画の際は必ず意識しておきましょう!!

まとめ

土地、建物の購入には、そのもの以外にも諸費用が15%程必要になる。

より確かな資金計画をしたい!という方は、『suzukuri資金計画サービス』をご利用ください。

MATRIX CONCEPT

Special

お近くの店舗で
家づくりを検討したい方
家づくりの魅力が詰まった
冊子をお手元にお届けします