まるで海外インテリア あれもこれも真似したいViento

まるで海外インテリア あれもこれも真似したいViento

長野県にお住まいのSさんのお宅。
天井までのビッグサイズが迫力ある黒フレーム透明扉のクローゼットや、間接照明、電気のスイッチに至るまで、まるで海外のインテリア雑誌を見ているようなオシャレさ。
なんだかこのまま全部真似したいぐらいです!
今回は、Sさんのセンスがギュッと詰め込まれたこだわりのVientoをご紹介します。

海外のデザイナーズホテルのようなクローゼット

Sさんのセンスとこだわりがギュッと凝縮されたViento。
まず、驚きなのが寝室です。
まるで海外のデザイナーズホテルかと見まがうような黒フレーム透明扉のクローゼットは、圧巻。さすがのセンスです!!
家づくりをする中で、担当者と一緒に海外インテリアのイメージ写真をいろいろと検討したというSさん。
寝室には、大容量のオシャレなクローゼットと間接照明を取り付けました。
照明のスイッチは、ベッドサイドの枕元に。

ホテルライクな寝室は、毎日の疲れを癒す最高の空間です。

大理石のダイニングテーブルがキーマン

一方リビングは、当初ウッディな空間をイメージしていたそうですが、偶然見つけて気に入った大理石のダイニングテーブルを購入したことをきっかけに、海外風の雰囲気にシフトチェンジ。

ダイニングチェアがソファのように座り心地が良いので、お家時間の中でもこのダイニングで過ごす時間が特に長いんだそうです。

キッチンカウンターの側面は、ダイニングテーブルの雰囲気に合わせて色味を変え、換気扇などもステンレス製で統一。

吊り下げランプの色もインテリアにマッチしていて、ラグジュアリーでシックな印象にまとまっています。
上品さとシンプルさを両立し、トータルでイメージを統一したことで、居心地の良い空間に仕上がりました。

ため息が出そう 隅から隅までカッコイイ 

玄関入り口脇には、真鍮のフックなどを壁に付け鍵掛けに。
スイッチ関連は、こだわってアメリカンスイッチをセレクト。

細かいところまでこだわることで、お家全体のオシャレ度がUPし、マイホームへの愛着が増していくんですね。
真鍮の素材感がたまらなくステキです。




フォルムもカラーもちょうどいい お気に入りのViento

こだわって建てたVientoにはたくさんのお気に入りポイントがある中で、外観の黒とウッドのコントラストが特に気に入っていると話すSさん。
ベランダ部分があえて少しへこんでいるような、すべてが四角に収まっているこのフォルムがたまらなく好みなんだそうです。
愛犬が走り回れるようにと付けたアメリカンフェンスが、さらにいい雰囲気ですね。
ゆくゆくは、趣味のバイクが入るようなガレージも…と夢は膨らみます。

Sさんのこだわりとセンス、そして夢がいっぱい詰まったVientoが毎日の家族の暮らしを楽しくします。

NEXT

いかがでしたか?家作りは暮らし作り。HAPPYな毎日をsuzukuriと一緒にはじめませんか?

次回もsuzukuriオーナーの暮らしをご紹介します!お楽しみに♪

今回ご紹介のラインナップはこちら

すべてのライフスタイル

CHOICE +
YOUR STYLE

大好きなモノに囲まれながら週末の外遊びを企む、
ヘトヘトになるまで遊んで落ち着ける場所に帰る、
家族それぞれが自分だけの時間を持てる、キャンプのように仲間と一緒に集まれる、日々の生活における基地みたいな空間。
それがGO OUTが作る家=Livin’ BASE。