一日の疲れを癒すバスルームにジブン流をプラス

一日の疲れを癒すバスルームにジブン流をプラス

お家で一番リラックスする場所は?と聞かれて、“お風呂“と答える方は多いと思います。みなさんはどんな風に毎日のバスタイムを楽しんでいますか?今回は、インテリアにこだわるファミリーのバスルームをのぞいてみましょう!

2018年にインターネットリサーチ会社が調査したお風呂に関するアンケートによりますと、季節に関係なく浴槽につかる人の割合はおよそ6割、シャワーで済ませる人は2割、夏場はシャワー・冬場は浴槽という人が2割ぐらいなんだそうです。
また、1回の入浴にかける時間は20分未満の人が全体の5割ですが、およそ1割弱は1時間近くバスタイムを楽しんでいるということが分かりました。
1時間も入ったら湯あたりしちゃいそうですが、それだけ居心地がいいってことでしょうか。
温泉もいいけど、やっぱり自分のお家のお風呂が一番リラックスできるという方も多いようですね。

参考 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000609.000007815.html

冬はあたたかく夏は爽やかな視覚効果も!木目のこだわりバスルーム

お部屋のインテリアを整えるように、好きなテイストによってバスルームの好みも千差万別。
例えば、こちら…アメリカンな西海岸テイストのお家に住むTさんファミリーのバスルームは木目調。
最初バスルームのカラーを選べると聞いた時は、夫婦揃って迷わず「ネイビー」を選択したそうです。
しかし、浴室の位置が方角的に北東の鬼門に近い事から、ネイビーから一転明るい木目風に。
そもそも鬼門の方角にある浴室がよくない理由は、 冷えから来る体調不良と言われている説が有力なんだそうで、ならば間取りを変更するよりも視覚的に寒さを感じにくい浴室にした方が良いのでは…と方向転換したんだそうです。
木目調は冬はあたたかく、夏は爽やかな”視覚効果”も期待できます。
東側から入る朝日で水蒸気がキラキラ光るので、朝のシャワー&入浴はとても気持ちがいいそうですよ。

さらにDIY好きなTさん ここでひと手間加えてステッカーでおしゃれ度アップ。
アウトドアな雰囲気がプラスされて、バスルームがさらに楽しい空間になりました!

ナチュラルなレンガ調のバスルームで一日の疲れを癒す

シックな中にも木目の高級感が漂うインテリアがお好みのKさんは、ご結婚を機にマイホームを建てて、カワイイ猫ちゃんも一緒に楽しい毎日を過ごしています。
そんなKさん宅のバスルームは、ナチュラル系のレンガ調。
ゆっくりと湯舟に浸かって足をのばしリラックスするには、ベストな色のチョイスです。
レンガ調は、色の濃淡が奥行きを感じさせるのでバスルームが広く見える効果も!!
リビングも落ち着いた色の家具でまとめているので、お家全体の一体感も感じられてオシャレに仕上がっています!

さて、みなさんはどちらのバスルームがお好みですか?
このほかにも、水回りのインテリアにこだわればアイディア次第で自分好みの空間が作れますよ。

寒さで肩こりなど疲れが出やすいこの季節、自分好みにカスタマイズしたお風呂でリフレッシュ!
Vientoのバスルームのパネルは、一面にアクセントカラーとして好きな色を選ぶことができます。⠀

NEXT

次回は、クローゼット特集。
洋服の収納達人たちのクローゼットをのぞいてみませんか?

今回ご紹介のラインナップはこちら

すべてのライフスタイル

CHOICE +
YOUR STYLE

大好きなモノに囲まれながら週末の外遊びを企む、
ヘトヘトになるまで遊んで落ち着ける場所に帰る、
家族それぞれが自分だけの時間を持てる、キャンプのように仲間と一緒に集まれる、日々の生活における基地みたいな空間。
それがGO OUTが作る家=Livin’ BASE。